廃用症候群

生活不活発病ともいう。過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じた状態のことで、ベッドで長期に安静にした場合には、安静にして、寝ていることがごく自然な行動であるが、長引くことで廃用症候群を引き起こす。 2週間の安静で筋肉の2割が萎縮すると言われ、特に高齢者の場合、知らないうちに進行し、気がついた時には、「起きられない」「歩くことができない」などの状況が少なくない。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ