特定福祉用具

特定福祉用具とは、介護保険制度における福祉用具の内・貸与(レンタル)に適さないものとして、厚生労大臣が特定した福祉用具のこと。入浴や排泄の際に直接触れるものがほとんどであり、腰掛便座・特殊尿器・入浴補助用具(入浴用椅子・浴槽用手すり・入浴台・浴室用すのこ・浴槽内すのこ)・簡易浴槽・移動用リフトの吊り具などがそれにあたる。 これらを購入する場合、投入費用の9割が居宅介護(支援)福祉用具購入費として償還払い方式で支給されるので、購入者負担は1割となる。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ