生活支援員

認知症などが原因で自分の意見を表すことが難しい高齢者の財産や権利を守る為、その扱いや手続きを代行する専門家のこと。事業委託を受けた市区町村の社会福祉協議会に所属している。福祉サービスの利用手続きや料金支払いの代行、年金や福祉手当、医療費や公共料金の支払い手続きなど日常的な金銭の管理、年金証書や預貯金通帳、不動産の権利証書や実印などの預かりサービスを行う。生活支援員は最初に必要な援助の計画を立てて本人と契約を結び、その範囲内で行動する。その業務内容について定期的に弁護士のチェックも受ける。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ