介護支援サービス

介護保険制度に則って、介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用者本位の介護サービスを計画・管理・調整する一連の業務のことをいう。「ケアマネジメント」や「ケースマネジマント」または「居宅介護支援サービス」などと同様の意意味合いを持っており、利用者本人のみならずその家族との連携も必要とする。 ケアマネジャーは介護支援サービスを熟知した上で、利用者や家族のニーズを把握してその状況を改善するための目標を立て、ニーズにあった各種介護サービスを近隣の介護サービス事業者と連携を取り合って、適するサービスの種類や頻度を決定する。ケアマネジャーは利用者の状況の把握に努めながら(モニタリング)、トータルで介護サービスをコーディネートしていく。

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

このページのトップへ