投稿者
kakashi_0609 さんの体験談 2014-06-09 09:51:21
施設に入居している 80歳代実母 に関する体験談   要介護2
認知症 の診断歴あり

最後まで世の中に貢献したいと望む母(介護中だが別々に住んでいる)

何年も前・・・

まだ父が亡くなって間もない頃

母がポツリと私に言ったことを思い出した

それは・・・自分が亡くなったら献体して欲しいという事

先天性股関節脱臼(両足)で健常な子供ではなかったので

母の幼い頃は身体障害者という存在はカタワ者として

差別され沢山々々虐められて育っている

その分根性も強くなっているのも仕方のないことだが・・・

どうして自分がこんな体で一生生きていかなくてはならないのか

母を生んだ祖母を恨んだこともあるようだ

母の現役時代は病院に勤務していて沢山の死を見てきている

だからこそ自分自身も医学に役に立ちたい

という思いは何年も培ってきたものだと思う

今は精神状態に波はあるものの薬を飲んでいれば

比較的接する時の恐怖感はない

毎日同じ話を聞かされるのもさすがに耳にタコ状態で・・・

話題を献体の話にちょっとを振ってみた

母が望んでいた事だったのでかなり食い付きがいい

自分の体を最期の最後で社会貢献したいという考えなのだ

そうすることでこの世の使命を果たしたいと思っているらしい

私自身複雑な想いでいっぱいなのだが・・・

これも正気な時の母の望みだとくみ取って

資料を取り寄せることにした

お気に入りに登録
会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

コメント内容をご覧いただくには、ログインが必要です。
>> 新規会員登録(無料)はこちら

Yahoo! JAPAN IDŃOC

介護の体験談をシェア!

体験談をシェアするにはログインが必要です。
介護の体験談をシェアする
このページのトップへ