投稿者
うるる さんの体験談 2014-02-27 17:18:10
一緒に住んでいる 80歳代実父 に関する体験談   要介護5
認知症 の診断歴あり

認知症になっても私を心配してくれる親心に涙(介護中で一緒に住んでいる)

アルツハイマーの父は、毎日何回も徘徊を繰り返します。ついに切れた私は「そんなに出ていきたいなら、出ていけばいい。もう私のお父さんじゃない」と泣きながら怒鳴ると、父は「子供を忘れる親はいない。悪かった」と。その夜、父が寝たあと、元気な頃に父がしてくれたことを思い出し、親心に涙が出ました。「ごめんね」と何度も日記に書きました。そのとき父が起きてきて「今、呼んだか?」と聞くのです。「お前が呼んでる声がしたから起きてきたよ。大丈夫か?」と。病気になっても私を心配してくれるお父さん、ごめんね。

お気に入りに登録
会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

会員登録すると、気になる体験談ををお気に入りに登録して
新規のコメントがあった場合に通知されるようになります。

コメント内容をご覧いただくには、ログインが必要です。
>> 新規会員登録(無料)はこちら

Yahoo! JAPAN IDŃOC

介護の体験談をシェア!

体験談をシェアするにはログインが必要です。
介護の体験談をシェアする
このページのトップへ