「家族を介護しながら、仕事を続ける従業員を支えたい」私たちは、そんな企業・団体をサポートいたします。「家族を介護しながら、仕事を続ける従業員を支えたい」私たちは、そんな企業・団体をサポートいたします。

親の介護に直面したとき、多くの人が思うこと。それは「仕事と両立できるのか」ということです。
通院の付き添いや食事の用意、排泄の介助・・・仕事を続けながらこれらをこなすのは、とても大変なことです。しかも、たいていの場合、要介護度は上がっていきます。介護の負担が大きくなれば、仕事に支障が出てきてもおかしくありません。
家族がほかにいない、あるいは配偶者も介護問題を抱えているといった場合には、ひとりに負担がのしかかり、仕事との両立はますます困難になります。

介護を理由に仕事を辞める、いわゆる「介護離職者」の数は、年間およそ10万人。決して他所の問題ではありません。
しかも離職が多いのは、組織の中核を担う年齢層の人たちです。日本の労働者人口が減少していくなか、そのような人材を失うことは、組織にとっても大きな損失につながります。
「介護は家庭の問題」が通じるのは一昔前まで。いまこそ「介護離職」というリスクに向き合いませんか。
従業員の方々の、仕事と介護の両立を、私たちがいっしょにサポートいたします。

ご相談・お問い合わせ

私たちだからできること

私たちは、「健康な未来」を実現するために、様々なヘルスケアサービスをご提供しています。

医療や介護に頼らず、いつまでも健康に年齢を重ねることができる社会へ。
私たちは、日本の健康寿命を延伸する社会の実現に向け、様々な事業を展開してきました。
だからこそ、介護をしながら仕事を続ける従業員をサポートするための各種サービスを、企業・団体に対して提案することができるのです。
「従業員には介護と両立しながら仕事を続けてほしい」。私たちは、そんな企業・団体の声にお応えします。

3つのサービス

ご相談・お問い合わせ

両立に悩む方々の
相談事例

もっと見る

ご相談・お問い合わせ