多職種連携の支援アプリを配信―パナソニックAF

在宅や施設で介護サービスを提供するパナソニックエイジフリー(パナソニックAF、大阪府門真市)はこのほど、在宅介護の現場での連絡や情報共有を効率化できる、スマートフォン用のアプリの配信を開始した。特に多職種連携で重要な役割を担うケアマネジャーを主な利用者として想定している。

パナソニックエイジフリーが配信を開始したのは、チームケア連携モバイルアプリ「ケアモ連絡帳」。

このアプリを活用すれば、関わる職種を利用者ごとにグループ化できる。さらにグループ化したメンバーに対しては、同じ内容の情報を一斉送信することもできるため、連絡や情報共有の事務負担が軽減できる。また、登録したメンバーだけに情報を送るため、誤送信のリスクも低減できる。

利用料は無料。既にアンドロイド版は配信中で、iOS版は2019年1月末に配信される予定だ。

詳細はこちら

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

注目の用語

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ