介護などで最多「精神疾患での労災申請」-厚労省発表

2018年度にストレスなどによって精神疾患となった人が、労災申請した件数は1820件で過去最多になったことが、厚生労働省の調査で分かった。業種別では、「社会保険・社会福祉介護事業」が最も多かった。

精神疾患による労災申請を業種別にみると、「社会保険・社会福祉介護事業」が192件で最多。このうち女性による申請は135件だった。自殺や自殺未遂に至った件数は6件だった。

次いで多かったのは「医療業」の127件。このうち女性の申請は104件、自殺や自殺未遂に至ったのは9件だった。介護医療福祉関連だけで、精神疾患による労災申請の約18%を占めた。

以下は「道路貨物運送業」(89件)、「総合工事業」(68件)、「情報サービス業」(65件)、「飲食店」(58件)、「その他の事業サービス業」(56件)、「輸送用機械器具製造業」(54件)、「その他の小売業」(52件)などの順となった。

■精神疾患による労災申請、6年連続で過去最多
精神疾患による労災申請が1820件となったのは、1983年の統計開始以降最多。また、6年連続で過去最多を更新した。労災認定され、労災保険給付が決まった件数は465件で、このうち76件は自殺や自殺未遂に至ったものだった。

■原因で目立つ「嫌がらせ」「業務内容の大きな変化」など
労災保険給付が決まった465件について精神疾患の原因を分析したところ、「嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた」と「仕事内容や量に大きな変化があった」が、いずれも69件で最も多かった。次いで多かったのは「悲惨な事故や災害を体験、目撃した」(56件)だった。

「1カ月に80時間以上の時間外労働を行った」は45件、「セクハラを受けた」は33件となった。セクハラによって精神疾患に陥った人は、全て女性だった。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ