AI搭載の介護ロボット、現場で実証実験へ―オリックス・リビング

有料老人ホームなどを運営するオリックス・リビングは、AI(人工知能)を搭載した自律型の支援ロボット「アイオロス・ロボット」の導入に向けた実証実験を、横浜市内の有料老人ホームで開始することを決めた。利用者の見守りや物品の運搬などの業務を担う予定という。

「アイオロス・ロボット」は、米国の「Aeolus Robotics Corporation」が開発した。AIとセンサーによって周辺の環境を把握し、安全に自律走行することができる。また、物品をつかんで持ち上げることができる2本のアームを備えているため、オムツなどの物品が入った買い物かごを運んだり、荷物を抱えてエレベーターに乗り込み、別のフロアで生活する人に届けたりすることも可能だ=写真=。


オリックス・リビングと「Aeolus Robotics Corporation」では、昨年11月から有料老人ホーム内で「アイオロス・ロボット」の基本的な動作の確認を実施。その結果を踏まえ、年内にも同社の有料老人ホームで、「アイオロス・ロボット」の導入に向けた実証実験を開始することを決めた。

実証実験では、介護スタッフが具体的な業務をスマートフォンやタブレット端末によって「アイオロス・ロボット」に指示。「アイオロス・ロボット」は、指示された業務に取り組むが、移動ルート上に障害物がある場合などは、自らの判断でルートを調整したり、停止したりする。また、業務中に転倒した利用者を発見した場合などは、スタッフに緊急連絡する役割も担う。

今後、オリックス・リビングでは実証実験によって操作性や安全性を確認する予定だ。さらに実際の現場で自律型のロボットを用いることで、ロボットに代替えできる作業がないか、洗い出しも進める。オリックス・リビングの担当者は「代替え可能な作業を洗い出し、ロボットに任せることで、人の手による介助の時間を増やし、サービスの質をより高めたい」(同社統括部ブランド戦略課)としている。

介護食の基礎知識
応援!はたらくかいご とうきょう介護と仕事の両立応援デスク

介護のキホン

介護シーン別に基礎を知る

みんなが注目する基礎知識

要介護度とは?

要介護度とは?

介護度は7段階に分かれていて、要支援1・2、要介...

介護度別ケアプラン事例

介護度別ケアプラン事例

<要支援1>支給限度額49,700円、自己負担額...

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービス(通所介護)の選び方

デイサービスは曜日によって利用者が異なり、雰囲気...

家族で話し合おう

家族で話し合おう

家族で話し合おう...

介護相談員ブログ

介護相談員ブログ

わかるかいごの相談員が定期的にブログを配信中!

介護用語を調べる

頭文字から探す

 
 
     
 
         
A B C D E F G H I J K
L M N O P Q R S T U V
W X Y Z              

キーワードから探す

このページのトップへ